カードローンの返済に遅れると「詐欺罪」になる?

 

カードローンの返済を忘れることは、利用期間中に一度や二度はあるものです。まったく延滞のない優良客になるのが理想ですが、うっかりミスはどんな人でもありえることです。延滞をしても詐欺罪になることはありませんし、詐欺にも該当しないので安心してください。返済に遅れた場合は詐欺罪にはなりませんが、遅延損害金というペナルティが発生します。遅れたことによる延滞利息であり、正規の利息にプラスされるのです。

カードローンをはじめて利用した方は、初期の段階では遅れずに返済をしているはずです。遅れてしまうのはカードローンおすすめの利用に慣れてきたころでしょう。1年、2年と利用年数が長くなることで、お金を借りている自覚が薄れてしまうことがあります。たまに延滞しても大丈夫だと考えるようになる人もいますが、延滞を何度も繰り返すと遅延損害金以外のペナルティがくることもあります。最も困るのはいつもどおり借りようと思ったら、借り入れができなくなることでしょう。利用枠がまだある状態であっても、追加融資を受けられなくなるのです。

返済できない借金をしてしまうから失敗してしまうわけです。カードローンは長期延滞や債務整理をしても詐欺罪にはなりませんが、ブラックリストには登録されます。個人信用情報に登録されることで、今後のローン契約ができなくなるのです。約5年間はいっさいのローンが利用できないので注意してください。何ヶ月延滞しても詐欺罪にはなりませんが、遅延損害金やブラックリストなどのペナルティはあるのです。